コラム|お客様を成功に導くネットショップ運営ならサクセス

お客様を成功に導くネットショップ運営ならサクセス「コラム」

COLUMNコラム

コラム

【2021年最新】市場規模10兆円超え!コロナ禍で急成長中のネットショップ市場について

【2021年最新】市場規模10兆円超え!コロナ禍で急成長中のネットショップ市場について

年々成長を続けてきたネットショップ市場ですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でネットショップ市場へビジネス領域を拡大する事業者が急増しています。

本記事ではコロナ禍で急成長中のネットショップ市場と将来性について解説していきます。

ネットショップの巨大な市場規模について

2019年のネットショップの市場規模は前年比108.09%の10兆515億円。5年前の2014年と比較すると約1.5倍に拡大しました。
新型コロナウイルス感染症の影響が深刻化した4月以降、6月末までの3か月間で大手ショッピングモール「楽天市場」出店者の純増数は1258店舗となり、出店者数は2020年6月末までに初の5万店を突破を記録し、5万1153店となっています。
三井住友カードが行った調査では、2019年に比べて2020年のオンラインショッピングの利用が全体で36.6%、約3人に1人が増えたと回答しており、この回答からも市場が急成長していることを誰もが窺い知ることができるのではないでしょうか。

ネットショップ市場にブームが起きてる理由とは

まさに今はネットショップが大ブームとなっており、早期にネットショップ市場へ参入した者こそが多額の利益を得られる状況となっています。

コロナ禍で急激にネットショップ市場が成長した背景には「巣ごもり消費」があります。
巣ごもり消費とは、外出自粛を受け、自宅でネットを活用して楽しむ消費活動のことを指します。また、今まで積極的にネットショップ利用をしてこなかった高齢者も、コロナへの感染リスクを考え、ネットショップの利用を始めたことが原因として挙げられます。
現在のネットショップ市場は、新しい顧客による単純な売上増加だけではなく、ユーザーの年齢層の広がりからさまざまなビジネスチャンスが生まれている市場と言えるのです。

まとめ

当社では、ネットショップ事業の専門家たちがネットショップ制作および運営を代行するサービスを提供しており、まさに次々と夢を実現されているオーナー様が誕生されています。
もし将来に対しての不安や実現したい未来がある場合、格安で開始できる当社サービス「ネットショップ簡単副業パック」を利用してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP